マンション売却の手数料

マンション売却の仲介手数料

マンション売却の仲介手数料は

不動産を購入したり売却する時には、一般的には不動産仲介業者に仲介(媒介)をしてもらいます。不動産業者の選択や付き合い方がが決め手になって大きく状況が変わることがありますので、不動産の売買では業者の存在はその意味では大きいと言えるでしょう。

そして、売買が成立した時には不動産仲介業者に手数料を支払うことになります。売買の交渉の最中には、物件の価格のことばかりに意識が行きがちです。しかし、売買が成立した後には、この手数料を支払う義務があるということを忘れず念頭に置いて交渉を進めてください。不動産には土地、一軒家、マンションなど様々な形態がありますが、ここではマンションについて見て行きましょう。

マンション売却をお考えでしたらどうぞこちらをご一読ください。

マンションを売却するにあたっては諸費用が発生しますが、不動産仲介業者に支払う仲介手数料(媒介手数料、約定報酬、媒介報酬とも言います。)はその中でも占める割合が大きいものです。

発生する諸費用の金額の算定などは不動産仲介業者の業務の一つなので、仲介手数料の算出も業者にお任せすることになるのですが、正当な金額が請求されているかどうか、自分で確認できるようにしておきたいですね。

仲介手数料は物件の価格帯によって上限額が定められています。物件の売買代金の総額の200万円までの部分は5%、200万円を超えて400万円までの部分は4%、400万円を超える部分は3%の手数料がかかり、さらに消費税が加算されます。少し込み入った仕組みになっていますが、手軽に算出できる計算式があります。

成約価格×3.24%+64,800円を上限とするというものです。販売価格が決定したらぜひ自分で算出しておきましょう。また、この仲介手数料は成功報酬です。買主との売買契約が成立した時点で発生するもので、成約しなかった場合には支払う必要はありません。